内航タンカーのデータ

内航タンカーの輸送量

単位:黒・白油はキロリットル、その他はキロトン

品 目平成28年度前年度対比
石油製品等黒 油 (重油、原油)35,407,15188.1%
白 油 (ガソリン、灯油、軽油、JET燃料他)74,884,13397.9%
ケミカル (キシレン、ベンゼン、スチレン、油脂他)13,283,915102.6%
小  計123,575,19995.3%
特殊タンク製品高圧液化ガス (LPG、エチレン、液化アンモニア他)8,363,053100.2%
高温液体 (アスファルト、溶融硫黄他)1,981,005101.3%
腐食性液体 (苛性ソーダ、硫酸、塩酸他)6,558,246100.0%
小  計16,902,304100.3%
合  計140,477,50395.9%

※全国内航タンカー海運組合 元請輸送量調査による

内航タンカ-の船腹量

船  種3/31/2017前年度対比
隻数総トン数
(G/T)
タンク容積
(m3)
隻数総トン数
(G/T)
タンク容積
(m3)
一 般 船黒油船297238,294452,163-2-14,998-21,631
白油船295448,665851,904-4-655-6,185
ケミカル船18396,675219,711+1+627+1,461
小  計775783,6341,523,778-5-15,026-26,355
特殊タンク船高圧液化ガス船124126,820194,298-3-7,335-7,927
高温液体船2519,04628,70005456
耐腐蝕船12638,99757,231-1-87-189
小  計275184,863280,229-4-7,368-8,060
合  計1,050968,4971,804,007-9-22,394-34,415

※全国内航タンカー海運組合 船腹量調査による

内航タンカー船員の年齢構成

・調査回答船員数計7,581名、( )内は%
・調査回収率80.4%から内航タンカ-船員は約8,940名と推計
・平均年令は48.1才
・50才以上が54%と高齢化し、若年船員確保が課題

内航タンカー新卒船員の出身学校区分

・平成28年3月卒業の新卒船員計295名、( )内は%
(調査回収率80.4%の集計結果)

※全国内航タンカー海運組合 船員実態調査による