内航タンカーのデータ

内航タンカーの輸送量

単位:黒・白油はキロリットル、その他はキロトン

品 目平成29年度前年度対比
石油製品等黒 油 (重油、原油)33,681,47395.1%
白 油 (ガソリン、灯油、軽油、JET燃料他)74,703,65399.8%
ケミカル (キシレン、ベンゼン、スチレン、油脂他)14,357,634108.1%
小  計122,742,76099.3%
特殊タンク製品高圧液化ガス (LPG、LNG、エチレン、塩ビ他)8,370,423100.1%
高温液体 (アスファルト、溶融硫黄他)1,891,53495.5%
腐食性液体 (苛性ソーダ、硫酸、塩酸他)6,664,767101.6%
小  計16,926,724100.1%
合  計139,669,48499.4%

※全国内航タンカー海運組合 元請輸送量調査による

内航タンカ-の船腹量

船  種平成30年3月31日 前年度対比
隻数総トン数
(G/T)
タンク容積
(m3)
隻数総トン数
(G/T)
タンク容積
(m3)
一 般 船黒油船296 233,832 444,703 -1-4,462 -7,460
白油船291458,919 861,409 -4+10,254 +9,505
ケミカル船18697,918 222,748 +3+1,243 +3,037
小  計773790,669 1,528,860 -2+7,035 +5,082
特殊タンク船高圧液化ガス船124127,113 195,252 0+293 +954
高温液体船2519,04628,680 00-20
耐腐蝕船12639,237 57,500 0+240 +269
小  計275185,396 281,432 0+533 +1,203
合  計1,048976,065 1,810,292 -2+7,568 +6,285

※全国内航タンカー海運組合 船腹量調査による

内航タンカー船員の年齢構成

・調査回答船員数計7,521名、( )内は%
・調査回収率78.1%から内航タンカ-船員は約9,001名と推計
・平均年令は47.4才
・50才以上が52%と高齢化し、若年船員確保が課題

内航タンカー新卒船員の出身学校区分

・平成29年3月卒業の新卒船員計296名、( )内は%
(調査回収率78.1%の集計結果)
・調査開始以降初めて水産高校生採用が分野別でトップ

※全国内航タンカー海運組合 船員実態調査による