内航タンカーのデータ

内航タンカーの輸送量

単位:黒・白油はキロリットル、その他はキロトン

品 目令和2年度前年度対比
石油製品等黒 油 (重油、原油)29,323,797105.3%
白 油 (ガソリン、灯油、軽油、JET燃料ほか)61,923,65986.6%
ケミカル (キシレン、ベンゼン、スチレン、油脂ほか)12,498,96089.0%
小  計103,746,41691.5%
特殊タンク製品高圧液化ガス (LPG、LNG、エチレン、塩ビほか)7,286,95495.9%
高温液体 (アスファルト、溶融硫黄ほか)1,711,22297.0%
腐食性液体 (苛性ソーダ、硫酸、塩酸ほか)6,129,04393.8%
小  計15,127,21995.2%
合  計118,873,63591.9%

※全国内航タンカー海運組合 元請輸送量調査による

内航タンカ-の船腹量

船  種令和3年3月31日 前年度対比
隻数総トン数
(G/T)
タンク容積
(m3)
隻数総トン数
(G/T)
タンク容積
(m3)
一 般 船黒油船288218,331414,570-2-563-4,201
白油船287473,761874,124+1+4,994+6,753
ケミカル船195104,660237,7510+102+83
小  計770796,7521,526,445-1+4,533+2,635
特殊タンク船高圧液化ガス船122126,932194,6600+582+492
高温液体船2519,34627,939+1+1,000+466
耐腐蝕船12742,49463,408+7+3,862+5,515
小  計274188,772286,007+8+5,444+6,473
合  計1,044985,5211,812,452+7+9,977+9,108

※全国内航タンカー海運組合 船腹量調査による

内航タンカー船員の年齢構成

・調査回答船員数計7,155名、( )内は%
・調査回収率72.8%から内航タンカ-船員は約9,248名と推計
・平均年令は46.8才
・50才以上が48%と高齢化し、若年船員確保が課題

内航タンカー新卒船員の出身学校区分

・令和2年3月卒業の新卒船員計311名、( )内は%
(調査回収率72.8%の集計結果)
・水産高校生採用が4年連続学校区分別でトップ

※全国内航タンカー海運組合 船員実態調査による